不動産の税金を知る

不動産にかかる税金と種類

トップ

不動産にまつわる税金

不動産にまつわる税金には以下のようなものがあります。<譲渡に関わる税>所得税・住民税…所得税は国税、住民税は都道府県税および市町村税。土地建物等を譲渡した場合、得た金額から取得に係る費用と特別控除額を差し引いた課税譲渡所得に課されます。<取得に関わる税>不動産取得税…都道府県税。課税標準は固定資産税評価額を使用します。住宅については軽減措置の特例もあります。登録免許税…国税。取得時に所有権移転登記や保存登記、抵当権設定登記などをするときに課されます。住宅用家屋には軽減税率があります。印紙税…国税。取引の契約書を作るときに払います。<保有に関わる税>固定資産税・都市計画税…市町村税。固定資産税は土地建物の所有者が、都市計画税はその中でも市街化区域内に土地建物を所有している場合に課されます。

購入、保有、譲渡の税金

不動産にかかる税金は、そのタイミングによっていくつかあり、それがややこしく感じる理由の一つでもあります。また、これらは国税、地方税といって、課税してくる行政も異なり、照会や質問先まで異なるのでなおさらです。購入時にかかるのは、国税の消費税ですが、土地は非課税と定められているので、建物の価額が対象です。そのあとに、都道府県から取得税の通知があります、不動産の用途によっていろいろな減免制度もありますが、問い合わせ先は都道府県です。次に保有者にかかるのが、固定資産税で、これは市町村が課税します。最後に売却すると、国税の所得税の確定申告が必要です。税額の出し方をすべて知るのは大変ですが、こんな税金があるという一通りの概要です。