近年のサブリース会社のサービス内容について解説

サブリース会社

サブリースは賃貸の又貸しや転貸しのことを指し、その目的のもために不動産を一括借り上げして他の方にかすことを指します。近年ではサブリースを形態にした会社が増えているためオーナーとしてはどのサブリース会社を選ぶか迷うことが多くあります。自分の大切な財産である物件を任せるサブリース会社を選ぶにはより良いサービスを提供している会社を探すことが大切です。サービス内容に関してはさまざまなものがあります。例えば建物のメンテナンスについてです。サブリース会社は管理のみで物件自体には全く手を出さないというところも多く見られます。その場合共有部分の汚れや私物の放置などが目立つようになり物件自体の価値が下がってしまいます。ある程度のメンテナンスはしっかりと行なってくれる会社を選ぶことが大切です。

サブリース会社を選ぶなら複数の会社から提案してもらう

メンテナンス以外にもサブリース会社を選ぶポイントはあります。サブリースの賃料が適正であるかどうかを判断するのも大切なことです。これは最初にどのサブリース会社と契約するかを決めるときに提案書をだしてもらうわけですが、これを一社で決めてしまうことは避けたほうが良いと言えます。見積もりをだしてもらい検討するのであれば複数のサブリース会社から提案してもらうことでより良いサービス内容や賃料で貸しだしすることができるからです。またサブリース会社との交渉も他の会社の相場が分かることによって進めやすくなるという利点もあります。賃料や契約内容、また将来的にも長く安定した契約内容であるかどうかなどを見極めることが大切です。契約する場合は先を見据えてしっかりと考えるようにしましょう。

サブリース会社と契約するメリットを考えて契約まで持ち込む

サービス内容をしっかりと見極めオーナーにとってのメリットを考えることが大切です。サブリース会社と契約すると保証料などは高くなりますがその分空き室や賃料の滞納などのリスクを軽減することができます。運営自体はサブリース会社に任せておくことによって賃料の収入が安定するというメリットがあるわけです。賃料の収入が安定するということはオーナー自身のローン返済にも滞りが無くなり安定して返していくことができるわけです。また入居者との関係も一定の距離を置いて接することができます。サブリース会社に運営を任せることは入居者の家賃や退去についても一任することができるわけです。特に退去時にはトラブルがあることが多くありますのでそういったトラブルにも対応してくれるというメリットがあるわけです。

企業向けセミナーでは、売上拡大等のノウハウを教えてくれます。 賃貸経営のお悩みならばJPMCに任せて安心です。 サブリースによる利回り確定で、金融機関からの融資もつきやすい「スーパーリフォーム」が特徴です。 テレビ番組「賢者の選択」で日本管理センターが紹介されました。 ハウスメーカーと違い建築が主体ではなく、保証と運営が主体なので、安心して長く任せられます。 サブリース会社は全国のオーナー様に選ばれるJPMC