どのような人がサブリース会社を活用するのか

サブリース会社

サブリースとは、賃貸経営の一つで、マンションやアパートなどの建物を一棟丸ごと管理会社に借り上げてもらい、管理会社から一定の賃料を得ることを言います。大家と入居者が賃貸借契約を結んで家賃を得るのと違い、家賃をベースとして決められた賃料が、空室があっても一定額が管理会社から支払われます。入居者は管理会社と賃貸借契約を結びます。例え入居者が少なかったり滞納者がいたりしても一定の賃料が支払われ、安定した収入が得られるという安心感があります。サブリース会社を利用した賃貸経営は、すべての業務を管理会社に任せて、安定した収入を得たいという方に向いている不動産運用の方法と言えるでしょう。資金を出せば良いので、不動産運用初心者や高齢者にも挑戦しやすい方法として人気があります。

サブリース会社を利用するメリットとデメリット

サブリース会社を利用するメリットとして挙げられるのは、まず、空室のリスクが無くなり、収入が安定することです。融資を受けて物件を購入した場合、毎月の収入が決まっているので返済に影響がなく、返済の期間の見通しが立てやすいと言えます。次に入居者と契約を結ぶのは管理会社ですので、家賃滞納や退去時の支払いで入居者と訴訟などになっても責任を問われることはありません。そして、金融機関からの融資を受けやすいということも挙げられます。ただし、デメリットもあります。通常の不動産会社に管理をお願いするスタイルよりも管理料としての割合が高くなり、支払いが高くなる場合が多くなります。そして、家賃の設定権は管理会社にありますので、こちらの要望通りの家賃設定にはなりません。また、物件の引き渡しから最初の賃料の発生まで時間がかかることも覚えておくとよいでしょう。

安心できるサブリース会社を選ぶには

老後の安心のため、資産の運用のため、様々な理由で始めるサブリース会社との契約ですが、どのような会社を選んだら良いのでしょうか。サブリース契約は、物件を管理会社に引き渡したら翌月から賃料が支払われる訳ではなく、初回免責期間というものがあります。管理会社が入居者を募集し安定して家賃を得られるまでの期間、賃料が支払われません。この期間は管理会社や物件によって違いますので、ぜひチェックしましょう。あと、入居者が決まった時に「礼金」などが取得された場合の手数料なども確認が必要です。その他、サブリース会社との契約期間や契約更新時の賃料見直しの有無も確認が必要です。最初だけ高い家賃保証をして、数年後には賃料が大幅に下がってしまったということもありますので、選ぶ際には各管理会社を調べておく必要があります。