コストパフォーマンスの面から考えるサブリース会社の活用価値

サブリース会社

サブリースとは、転貸借のことになります。建物を一括して借り受けしたサブリース会社が、一戸単位で入居者に賃貸するという流れになります。オーナーは、入居者と直接契約関係にはないので、入退去時に行う手続きなどもサブリース会社が行ってくれます。また家賃に関しても、サブリース会社からオーナーに一括して家賃を支払うので、家賃を回収する手間もかかりません。サブリースには、オーナーとサブリース会社が契約する一括賃借契約と、サブリース会社と入居者が契約する転貸借契約という2つの契約があります。賃料の支払いに関しても、オーナーに支払うべき賃料を固定する賃料固定型と、実際の貸し出し賃料に連動させ、一定の比率を賃料とする実績賃料連動型の2種類あります。サブリース契約は建物の多くのオーナーが利用しています。

サブリース会社を選ぶ時のポイント

サブリース会社は、サブリースの事業だけで成り立っている会社は少ないです。サブリース会社の多くは、ハウメーカーや建築会社などと紐づいています。パッケージ化している賃貸住宅をサブリース付きで売っている建築会社や、建物をハウスメーカーから購入する場合には、サブリース会社を選ぶことができないので注意しましょう。自分で、設計士や工務店など組み、建築経計画を行えば選択の余地はありますが、紐づきではない独立系サブリース会社を探さなくてはなりません。独立系のサブリース会社は少ない為、比較検討できるほどの選択肢がないです。根気よく探せば見つかりますが、サブリースには逆ざやのリスクもあるので、財務基盤がしっかりしている会社にしましょう。また、保証家賃の金額のみで比較し、賃貸経営を考えられることが多いサブリースですが、管理運営について考えておくことも大切です。

サブリースはコストパフォーマンスの面でどうなのか?

サブリース会社とサブリース契約を結ぶことによって、物件の運営や管理をサブリース会社に任すことができて手間がかからないというメリットもありますがデメリットもあります。サブリース契約では、物件の入居状況に関わることなく、毎月の家賃収入が保証されます。しかし、ずっと同じ額が保証されるわけではありません。物件周辺の家賃相場によっては、家賃を下げなければならない場合もあります。そうなると家賃収入の保証額にも影響が出て、年々下がることになります。また、契約内容に30年間の家賃保証があると記載されていても、多くの場合は数年ごとに保証額の見直しがあります。期間が短ければ短い程、オーナーにとっては不利になります。これらの面から見ても、コストパフォーマンスが良いとは言えないというのが事実です。また、サブリース会社の都合も良い契約内容にされる場合も多いので、不動産に関する知識を身に付けて契約・交渉しましょう。