サブリース会社を利用する際の注意点

サブリース会社

サブリースとは、賃貸経営の形態の1つです。不動産の会社が、貸主より賃貸物件を一括で借り、入居者に転貸する契約のことを言います。サブリース会社とは、このようなシステムを運用している会社のことです。物件の所有者は、サブリース会社に物件を一括で借り上げてもらいます。そして会社から一定の貸料を受け取ります。多くの場合、貸料は家賃を基準に一定の割合で決められており、たとえ空室でも会社から貸料が支払われる仕組みになっています。入居者は、サブリース会社と賃貸契約を結びます。そのため入居者に関する管理は、すべて会社側に任せることができるのです。しかし当然、サブリース会社が保証してくれる家賃は、入居者が支払う家賃よりも安くなります。保証する家賃は相場の80パーセントから90パーセントです。

サブリース会社の選び方について

サブリース会社は、2種類に分けられます。一つ目は建設会社やハウスメーカー系列の会社です。二つ目は不動産系列の会社です。ですので、サブリースを依頼する場合には、いずれかの会社に依頼することになります。一つ目の建設会社やハウスメーカーの場合は、建築工事の受注が目的でサブリースを運営しています。アパートやマンションを建築しようか迷っている客に対して、サブリースを提案することで、経営の不安を解消することが可能になります。それで建築工事の受注が可能になるのです。しかしながら、建設会社は建物の専門家なので、賃貸経営に強いわけではありません。安心して任せられる経営を希望されるのでしたら、賃貸に強い方を選ぶべきだと思います。一方で二つ目の不動産会社の系列は、賃貸経営が専門分野です。

サブリース会社の種類を知って、任せる会社を決める

安定したマンションやアパートの経営を希望されるのでしたら、不動産系列のサブリース会社を選択するのがおすすめです。気を付けなければならない点もあります。30年保証など、長期の保証を売りにしているサブリース会社もありますが、よく考える必要があります。2年から5年の契約更新をされるか、定期的に貸料の改定をする会社がほとんどです。そのため、開始当初の貸料が、長期に渡って保証されるということはまずないと考えたほうが良さそうです。また入居者からの礼金や更新料は、サブリース会社が受け取りますので、基本的に更新料、敷金、礼金は受け取ることができないと思っておくと良いでしょう。アパートやマンションの一括借り上げは、空室のリスクや滞納のリスクを減らし、運営を任せられるというメリットばかりでないことも、知っておく必要があります。