不動産の使い方とは

不動産を使ったビジネス

トップ / 不動産を使ったビジネス

不動産の贈与による節税対策

不動産を親が持っている場合、所得の多い親から、所得の少ない子供に贈与することは、毎年の所得税の節税対策として役立てることが可能です。所得税は累進課税のため、収入が多い人ほど高い税率になります。たとえば、親の所得に対する税率が40%で、子の所得に対する税率が20%である場合、差額の20%を節税できる計算になります。また、賃貸用の不動産の評価は貸家評価となりますので、おおむね時価の半分程度の評価となり、現金で贈与を行うよりも節税対策に役立てることが可能です。そこでアパートなどを建てて贈与することも多く見られます。

アパート経営で楽々節税対策

相続税、贈与税等の節税対策で頭を悩ませている人にお薦めなのがアパート経営です。何だか不動産関係は大変そう、難しそうなど敷居の高いイメージがありますが、実は誰でも簡単に始めることができます。核家族や単身世帯が年々増加しアパートのニーズは高まる一方です。そこに目を付けた数々の業者がアパート経営フルパッケージプランを提案しています。要するに不動産に関する面倒な事は全て業者に丸投げです。金融機関から借り入れをする事で、支払う税金が場合によっては0円になります。資産を有効活用し、眠っている土地を是非不労所得のアイテムに利用してみませんか。