不動産投資で節税

不動産と税金のおはなし

トップ / 不動産と税金のおはなし

不動産取引で節税をする

不動産投資をする人が居ますが、投資をするメリットは何でしょうか。第一に買った物件を貸すとこによって定期的な収入を得られることです。それと、別にある大きなメリットは節税が出来ることです。不動産の所得は事業所得として総合課税されます。それにかかるお金を必要経費として計上できるのです。これを利用すれば家賃収入から経費を引いた金額が赤字の場合は税金が還付されます。それと、2015年から相続税が増税されますが、投資して賃貸物件にして相続すれば、課税評価額が減って相続にかかる税金を節税出来ます。でも、取引にはリスクが伴うので注意しましょう。

節税のために活用しましょう

不動産と言うのは、活用しなければ税金がかかるだけの存在で、持っているだけお金がかかる、金食い虫の状態になります。更地で放置しておけば雑草がはびこったりゴミが投げ込まれたりしてご近所から苦情が来たりもします。しかし、この不動産を上手に活用すれば、節税のために多いに役に立つのです。例えば、アパート経営を行えば、固定資産税が更地であった場合の6分の1で済むのです。しかも、アパート経営による収入もあり、雑草がはびこったりゴミが散らかったりすることもなくなりますから、持っているだけで大助かりの存在にすることができるのです。