手厚いサービスを提供するサブリース会社の見分け方

サブリース会社

テレビや不動産会社からの話で耳にする事のあるサブリース会社という言葉、ご存知でしょうか。サブリースとは賃貸経営のひとつの形態になります。不動産会社が貸主より賃貸物件を一括で借り上げて、入居者に貸す契約の事を指します。物件の所有者はサブリース会社に一括で借り上げてもらうので、一定の賃料が得られます。これは空室であっても変化する事が無い為、安定した家賃収入が見込まれる事になります。また、入居者に関する管理はすべてサブリース会社が行なってくれるため、家主としては便利なサービスと言えましょう。但し、サブリース会社が保証する賃料は、入居者が払う家賃よりも低くなっています。多くは相場の80%から90%となっています。それでも、管理をしなくていい点や空室が増えてやきもきする不安が無くなる事を考えるとサブリース契約を結んだ方がいい場合もあります。

サブリースの種類についてお話します

本来、サブリースとは不動産会社と入居者の賃貸契約の事を示します。物件所有者から一括で借り上げを行う契約はマスターリースと呼ばれています。しかし一般的には両者を含めてサブリース契約とされる事がほとんどです。さて、そのサブリースの種類を挙げていきます。物件所有者に対して支払う賃料を固定する方法と、変動させていく方法があります。前者を賃料固定型、後者を実績賃料連動型と称します。賃料固定型のメリットとしては、安定した収入が得られる事や、経済情勢の影響を受けづらい事が挙げられます。デメリットとしては、市場の相場が変動しても賃料には影響がない事です。実績賃料連動型は、逆に賃料の増額が見込めるメリットと、収入が下がる可能性があるというデメリットがあります。どちらがいいのかは一概には言えませんので、慎重に選択する必要があります。次にサブリース会社について見ていきます。

サブリース会社の探し方と選び方

サブリース会社には、2種類あります。建設会社やハウスメーカー系の会社と、不動産会社系の会社です。前者は建築工事の受注を目的としている事が多いのが特徴です。つまり、アパートやマンションを経営してみたいけれど不安を抱えている人に対して、サブリースという選択肢を提示して建設してもらう為です。後者は物件の管理や運営による収益を目的としています。その為、安心して信頼できるのは後者と言えましょう。実際に賃貸のプロなので、安定した経営をしてもらうには最適と言えましょう。サブリースは、空室や賃料滞納のリスクを軽減できます。尚且つ、管理業務を一括して任せる事ができる為、非常にメリットの大きな契約です。デメリットとしては、家賃収入を最大限活用できない事や、入居者を自分で選べない事が挙げられます。さまざまなメリットやデメリットを考慮して契約を結んでいきましょう。